酵素の働き、消化酵素と代謝酵素について

酵素の働き、消化酵素と代謝酵素について

酵素の働き、消化酵素と代謝酵素について

 

 

酵素を効果的に取り入れるうえで知っておくべき
酵素の基礎知識を解説していくシリーズです。

 

今回は酵素の働きについて

 

酵素の働きとはどんなものなのか?
実は知らない人っていう人多いと思います。

 

 

酵素の種類は何千種類もあって
身体の中の部位や状況によって

 

最適な種類の酵素を分泌して
さまざまな働きをしています。

 

 

アルコールを分解するための酵素もあれば

 

細胞を修復するための酵素

 

脂肪を燃焼しやすくするための酵素もあります。

 

 

酵素の数は数千あると言われているので
すべてを把握することも不可能ですし

 

まだまだ解明されていない部分も多いので

 

今回はもっと分かりやすく
酵素の働きについて大枠で解説していきます。

 

 

身体の中での役割は大きく分けて2つ

 

生まれてから今日まで
毎日身体の中で作られている酵素のことを
体内酵素潜在酵素と呼んでいます。

 

 

体内酵素は大きく分けて
身体の中で主に2つの働きをしています。

 

その2つというのが

 

消化酵素代謝酵素

 

 

 

消化酵素とは

 

消化酵素とは食べたものを消化するために
胃に胃酸を出すために使われる酵素のこと

 

胃袋に食べ物が入ると自動的に胃酸が出ると
思っていませんか??

 

それは消化酵素があるおかげなんです。

 

腸で吸収しやすい状態にするために
必要な量の酵素を使って消化活動を行います。

 

 

また、消化酵素の中にもたくさんの種類があって

 

タンパク質が分解するもの
炭水化物を分解して糖に変えるものなど

 

食べ物や量によって使われる酵素の種類や量は異なります。

 

 

 

代謝酵素とは

 

 

代謝酵素は消化された食べ物の栄養分を
腸で吸収して血液によって体内に運び

 

各細胞の修復を行い、
古くなった老廃物を排出するための酵素です。

 

これももちろん各工程によって使われる酵素は違います。

 

新陳代謝をすることで私たちは
今日も明日も生きていられます。

 

 

酵素不足で代謝まで酵素が回らない現代人

 

 

このように酵素は主に消化と新陳代謝の2つを行い
生命の身体を健康に保つことが仕事で

 

そのために全力で働いてくれています。

 

 

これらはミラクルエンザイムという
酵素のひな型がまず作られ

 

 

そのミラクルエンザイムの総量の中から
消化酵素や代謝酵素に振り当てられていきます。

 

つまり、消化にばかり酵素を使ってしまうと
代謝に使う酵素が足りなくなってしまう

 

現代人のほとんどは
消化にばかり酵素を使ってしまい

 

代謝がうまくできていないのが現状です。

 

 

暴飲暴食をすると肌荒れが起きるのは

 

食べ過ぎによって消化酵素を大量に消費しすぎることで
代謝に回す酵素がなくなってしまうので

 

肌の新陳代謝がうまく行われなくなったために
肌荒れとして表てに出てしまうのです。

 

 

消化に酵素を大量に使うと
代謝に使う酵素がなくなる

 

これを長期的に続けてしまうと
結果、病気や老化を早める原因となるので

 

十分に注意しなければなりません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
新谷健康法 新谷酵素のこだわり 脂肪燃焼効果 胃もたれ 便秘の解消