知らないうちに遺伝子組み換え食品を食べさせられている

知らないうちに遺伝子組み換え食品を食べさせられている

遺伝子組み換え食品の危険性、知らないうちに私たちの食事にも。。。

 

 

 

酵素浪費消費を語るうえで
知っておかなければならないのが

 

遺伝子組み換え食品についてです。

 

現代人の酵素が不足しているのは
食べ物の消化や分解、解毒に酵素を大量に消費しているせいで

 

身体の修復や回復にまわす酵素が足りなくなるせいで
免疫力の低下や精神や肉体の疲労蓄積が起こって

 

さまざまな病気が増え続けているわけですが

 

 

食べ物の中でも酵素の大量消費を引き起こしている要因のひとつが
遺伝子組み換え食品の分解です。

 

 

遺伝子組み換え食品とは

 

種を超えて栽培する植物の遺伝子に特定の遺伝子を組み替えることで
除草剤に強い、害虫を殺すなどの特性を持たせることで

 

栽培費用の軽減を目的とした栽培手法によって作られた作物を言います。

 

 

分かりやすく解説してある動画がこちら
遺伝子組み換えがどんなものなのかこれを見れば
ざっくりとわかります。

 

 

日本では8種が輸入が許可されていて

 

  • 大豆(枝豆、もやしを含む)
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 菜種
  • 綿
  • アルファルファ
  • てんさい
  • パパイヤ

 

が現在すでに国内に流通しています。

 

これらを販売する際は遺伝子組み換えであることを
表示する義務があるのでよく見てから買うようにしましょう。

 

国産を買えば問題ありません。

 

 

遺伝子組み換え食品なんて私は買ってないから大丈夫!
と安心するにはまだ早いです。

 

作物自体を販売する際には遺伝子組み換えの表示は
義務づけられていますが

 

 

その他の加工品の原料として使われている場合
含有量によっては表示の義務がありません。

 

つまり
遺伝子組み換えと表示されていないものでも
すでに使われているものが多く出回っているのです。

 

しょうゆ
味噌
納豆
豆腐
甘味料類
てんさい糖
酒造アルコール
カラメル色素

 

 

現在は国内では遺伝子組み換え作物の栽培は商業的には行われていないので
原材料が国産のものであれば問題はない

 

国産と明記してないものは海外の原料なので
ほぼほぼ遺伝子組み換えと思った方が良いでしょう。

 

そのくらい海外特にアメリカでは
遺伝子組み換え食品が当たり前となっています。

 

大豆の場合、アメリカで栽培された大豆の
90%以上が遺伝子組み換えであることがわかっています。

 

そして日本で流通している大豆の80%以上がアメリカ産です。
この事実、この意味わかりますよね。

 

 

家畜の肥料に使われているのはほとんどがすでに遺伝子組換

 

日本に輸入されているとうもろこしの4分の3が家畜肥料
家畜のエサの場合は表示義務がないので確認のしようがありません。

 

たまご
乳製品

 

には遺伝子組み換えの肥料で育った家畜が使われています。

 

まったく意識していなかったかもしれませんが
今知れたことを幸運に思うべきです。

 

もちろんビール、発泡酒や第3のビールにも
遺伝子組み換え食品が原料のものが9割を占めています。

 

2015年にメーカーが正式に発表しました。

 

 

使っていないのはエビスとモルツくらいだそうです。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
新谷健康法 新谷酵素のこだわり 脂肪燃焼効果 胃もたれ 便秘の解消