トランス脂肪酸の人体への危険性と対処法

トランス脂肪酸の人体への危険性と対処法

トランス脂肪酸の人体への危険性と対処法

 

 

欧米食や油ものがなぜ酵素不足を招いてしまうのか
ということを考えるうえで

 

単に消化が悪いこと以外に
重要なのがトランス脂肪酸が多いということです。

 

 

トランス脂肪酸は
マーガリン、マヨネーズ
サラダ油、キャノーラ油、菜種油などに含まれている成分のこと

 

植物性の油に保存のために水素添加をすることで
大量に生成されることがわかっています。

 

 

オリーブオイルが健康に良いとすすめられていますが
エクストラバージン以外の安いオリーブオイルには
同様にトランス脂肪酸が少量は含まれているそうです。

 

 

その他

ポテトチップス系のスナック菓子
カップラーメン
アイスクリーム
菓子パン、ケーキ、ドーナツ
コンビニや外食産業全般

 

 

これだけ多くの食事の中に浸食されていて
もはや現代を生きる上で逃れることは難しいと言えます。

 

食べたことがないという人はきっと皆無ですよね。

 

 

 

すでに海外では国が規制を設けているほど危険なもの

 

規制がないのは発展途上国と日本だけ

 

なぜ先進国が次々と規制をしている中で
日本だけが規制をかけていないのでしょう。

 

まったくもって理解ができません。

 

 

 

トランス脂肪酸が与える危険

 

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 認知症、アルツハイマー
  • 心疾患
  • アレルギー、アトピー
  • うつ病
  • 不妊症

 

こうしてみるとこれらの共通点、分かりますか?

 

昔はあまり聞かなかったけど
現代人に急増している病気ばかりですね。

 

その原因すべてがトランス脂肪酸のせいだと言いませんが
日常の食事にトランス脂肪酸が浸食していけばいくほど
それに比例して病気が増えているのは事実です。

 

 

対処法は

 

外食をやめてなるべく自炊をすることしかないでしょう。
飲食業は利益を出すことが目的です。

 

揚げ物に対して、値段が高くて新鮮なエクストラバージンのオリーブオイルなんて
使っていては自分の店の利益が減ってしまいます。

 

もちろんそういうところにこだわって
価値を提供している店もないわけではないでしょうが

 

多くの人が通っているチェーン店や激安店が
そんな配慮をすることなんて経営上できません。

 

 

 

とにかく簡単ですぐに食べれる状況の料理には
トランス脂肪酸が入っていると思えということです。

 

外食もそうですが
冷凍食品や
インスタント食品
惣菜

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
新谷健康法 新谷酵素のこだわり 脂肪燃焼効果 胃もたれ 便秘の解消